1. HOME
  2. 製品紹介
  3. 製品一覧
  4. 業界専用ソフトウェア
  5. FOODS eBASE
  6. 製品概要

食品関連企業向け食品仕様書(規格書)情報収集、管理、提供データベースシステム

食品表示特化型データベースパッケージ

食品関連企業のトレーサビリティ、アカウンタビリティを実現

品質保証部・商品開発部・生産部・営業部、その他多数の部署にまたがる、食品の原材料管理や製品情報管理、製品仕様書(カルテ)管理…等々。
これらの業務を大幅に効率化できる食品関連企業向け業務パッケージソフトです。

FOODS eBASEによる食品表示の情報連携イメージ

FOODS eBASE では、適正な食品表示、食の安全や安心を実現すべく、生産から流通までの過程を幅広くカバーします。
野菜や食肉生産者の登録した情報が原材料メーカーに配信され、さらに原材料として加工した商品の情報は、食品メーカーに、また食品メーカーから流通企業へ……といったように、商品の情報が流れて行きます。
一貫した食品の情報共有によって、消費者へ正確な品質の表示が行え、食の安全への取り組みが一層正確に、かつスムーズに行えます。

FOODSeBASEの導入事例はこちら

「FOODS eBASE」の安心

JAS法や食品衛生法などにおける表示基準を満たす食品表示や品質表示といった、
コンプライアンス(法令遵守)に対応

食の安全に関わる法令・法規(食品衛生法、JAS法等)の施行・改正に対応します。
一括表示ルールや添加物・アレルギー物質マスター更新もサポートします。

食品業界における標準化活動 平成15年、16年、17年と3ヵ年連続で農林水産省の「食の安全・安心システム」の実証事業に参画。eBASE社は食品業界全体の効率化を目指します。
導入から運用までのきめこまやかなサポート・運用支援 導入から運用を含めて、仕入先からのFOODS eBASE に関わる、食品業界特有の専門的なご質問にも、eBASEサポートセンターの専門スタッフが丁寧にサポートします。
多くのユーザー様への導入実績 eB-foods フォーマットは、16,000社を超えるユーザー様に利用されています。
(2012年4月時点)

食品関連企業向けにFOODS eBASEが特化している理由

原材料情報の収集・
データ管理機能
eBASEjr. ( 原材料情報登録送信ソフト )の配布により効率的かつ精度の高い、原材料DB構築ができます。
原材料データのインポートによる原材料構成情報の作成管理機能 原材料DBから検索した原材料データに配合率を演算させ、製品DBの原材料構成情報としてインポートできます。
原材料構成情報の多彩な編集
機能による開示情報作成機能
インポートされた原材料構成情報を開示用の情報として加工する編集機能を持っています。
製品に関わる様々な情報を
データベース管理
食品関連企業として必要な管理項目を登録できる標準画面と豊富な入力支援機能を提供しています。導入先様として必要な項目はアドオン画面をオプションで追加頂くことで提供できます。
eBASEご採用の流通様の
仕様書システムとの互換性
eB-foodsで入力したデータはそのまま、流通様の「仕様書管理システム」に連動しています。
多彩な帳票出力機能と
豊富な出力テンプレート
EXCEL等多様な出力機能と、豊富なテンプレートを持ち、流通様への帳票作成業務を効率化できます。
出力帳票等も管理できる
便利なファイリング機能
eBASEは書類のファイリングにも最適なので、eBASEから出力した帳票の管理もできます。
FOODS eBASE
社内データ共有
商品ライフサイクル上の様々な情報、コンテンツを一元管理し情報の共有化を実現します。原料、資材の原価・配合等、サンプル試作段階から生産前段階までの一貫した情報構築と共有化を支援し、システム内での業務フローの一元化、進捗の可視化に貢献します。

FOODS eBASEの導入前では、以下のような問題がありました。

FOODS eBASE 導入前

情報共有環境の不整備
  • 部門間で商品情報を管理・共有するシステムが存在せず、社内で一元管理が行えていない。
関連情報の分散
  • 商品の基本情報しか管理されていない。画像やドキュメント類はアナログ管理している。
  • 画像や関連書類ファイルがコンピュータのフォルダ上に保存されていて、内容の確認に手間が掛かる。

FOODS eBASE 導入後

商品情報を一元管理

商品情報管理パッケージ(FOODS eBASE)を導入し、各部門を横断した商品・原材料情報の一元管理を実現します。
文書ファイルや画像ファイルなども商品情報に添付できるので、情報を一箇所に集約し、スムーズな参照が可能になります。

商品情報管理業務のシステム化

分散した業務フローを一元化し、各部門を横断した進捗管理を実現します。

eBF-PDM (オプション)による、新商品企画・開発支援

FOODS eBASEの配合、栄養成分計算、品質表示作成機能を活用し、追加の原価シミュレーション機能を統合することにより新商品企画、開発業務支援を実現します。

FOODS eBASE 全機能概要

eBASEシリーズ製品のご購入をご希望のお客様は、
右記のお申込みフォームからご記入・送信をお願い致します。
お申し込み受付後、eBASEサポートセンターよりご連絡を差し上げます。

  • Windows、PowerPointおよびExcelは、米国Microsoft社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • PentiumおよびCeleronは、米国Intel社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • MediaPress及びMediaScriptは凸版印刷株式会社の登録商標です。
  • その他掲載されている会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
  • eBASEはeBASE株式会社の登録商標です。
  • 本製品は改良のため予告なく仕様を変更することがあります。

eBASEユーザー数

136,434ユーザー

eBASEserver
766
eBASEstandard
4,962
eB-ROM
2,911
eBASEjr.
127,795

【 2017年12月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
218
食品小売・外食業
86
食品卸
76
その他
6

【 2017年10月1日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら