課題の背景

今から3年前の「2015年4月1日」に施行された新しい「食品表示法」は、従来3法に分かれていた食品表示の法令を一元化したものです。 食品の原材料や添加物、栄養成分などの表示方法を統一する「食品表示法」とは、これまで食品衛生法、日本農林規格(JAS)法、健康増進法の3法に分かれていた表示ルールを一元化したものです。特に今まで任意だった「栄養表示」の義務化など、表示内容の基準が消費者により分かりやすくなるよう変更されました。しかし、すべての表示を急に新しく変えることは事業者に大きな負担となるため、経過措置期間として加工食品は2020年3月31日まで、生鮮食品は2016年9月30日までとされ、新しい表示へ移行されています。


(1)食品表示法の施行による主な変更点

栄養成分表示が義務化

任意だった一般加工食品の栄養成分表示が義務化。(※表示免除の規定があります)

アレルギー表示の記載ルール変更

原則として個別表記が推奨されます。また、特定加工食品の拡大表記や、一括表示での代替表示も廃止となりました。

規制・罰則の強化

基準違反によって立入検査・報告の徴収・物件提出命令等が行われ、指示や回収等命令、罰則が課されます。

その他表示基準の変更点

その他にも、以下のような変更点があります。加工食品と生鮮食品の区分の統一・製造所固有記号の使用に係るルール・栄養強調表示に係るルール・栄養機能食品に係るルール・原材料名表示等に係るルール・販売の用に供する添加物の表示に係るルール・通知等に規定されている表示ルールの一部を基準に規定・表示レイアウトの改善、など。

監視・是正体制の整備

適格消費者団体の活動等による食品表示の監視・是正の複線化などもうたわれ、表示違反が発覚しやすくなっています。


(2)想定される問題と対策

問題1 栄養成分の管理が必要
栄養成分の計算システムがないと、手計算や分析で多大な費用がかかります。
対策 仕入先から原材料の栄養成分情報を収集する仕組み。
収集した情報を製品データに栄養成分に反映する仕組み。
問題2 新しい入力基準へ暫時対応するために、その都度管理負荷が増大
品質表示ミスの主な原因は、以下のような作業で発生するヒューマンエラーです。
・仕入先から収集した使用原材料や原産地情報を手作業で転記、加工して品質表示を作成。
・品質表示作業方法が、各担当者様によって異なる。
・計量器やWebカタログ、POPやチラシへ、毎回入力。
対策 施行された入力基準に柔軟に対応できる表示作成システム。
表示内容は法令を遵守しているかをチェックできる管理システム。
対策を打たなければ、罰則と監視の強化も合わさり、経営リスクが増大します。
※2011年以降、品質表示ミスは自主公開の義務があります。

特に小規模な食品製造事業者にとっては、この新しい法律に準拠した表示作成における対応負荷が大きくなっています。小売事業者に対してeBASEjr.で入力・提出した仕様書の表示に間違いがありクレームにもつながります(アレルゲン記載漏れ、添加物記載ミス) そこで、eBASEjr.にある原材料仕様書データを有効利用して効率的に表示作成をしたいというニーズが高まってきました。

又、2018年4月18日、「消費者庁」は栄養成分表示に関する対応遅れについて小規模事業者に向けて注意喚起するリーフレットを公開しました。「小規模事業者が製造したものであれば、栄養成分表示をしなくても大規模の小売店で販売できる」という誤解がある為に「正しく理解していますか?小規模事業者が製造する食品であっても、小規模でない事業者が販売するものは『栄養成分表示を省略できません』」というものです。
今回、この2020年3月末に迫りくる、「食品表示法」対応の猶予期間終了に向けて、小規模事業者が法律に準拠した「正しい配合・表示作成」を可能とする為に、既に約10万ユーザーに導入・活用されている、小規模な食品製造事業者向けの「無料ソフトウェアeBASEjr.」において、低価格な下記の2つのオプションサービスを有効利用することで、「新たな食品表示法に準拠」した「配合・表示作成」が容易に実現できます。これまでコスト面で有料の「FOODS eBASE」を導入する事ができなかった小規模の食品製造事業者に向けて幅広く法令遵守に向けた「食の安心安全サポート」を行っていきます。


課題を解決する機能・サービスと提案プラン

小規模食品メーカー様向け「配合・表示作成機能」のご紹介

① 食品表示作成の基礎データになる「原材料リスト」を配合計算する「 eB-foods(C) 」

原材料DBから原材料企画書を検索して・指定して原材料企画書の原材料リストを取込み、商品の原材料リストを自動作成する事が可能です。また、配合率や仕込量を入力して商品の原材料構成情報(レシピ)へ挿入すると、仕込量から配合率を自動算出し、構成原材料の配合率を自動計算する事が可能です、変更になった原材料企画書の一括差替えを行えます。

② 原材料リストから「品質表示ラベル作成」を実現する「 eB-foods(E) 」

eB-foods(E) 」では、配合によって作成された詳細な原材料リストから配合量、仕込量に応じた一括表示情報を作成する事が可能です。
配合によって選択された原材料の栄養成分値から、レシピ全体の栄養価を計算する事が可能で、100g当たりに換算して栄養成分規格値の反映も行えます。

eB-foods(C) 」「 eB-foods(E) 」は「eB-PointService」が提供するサービス機能です。
ご利用には基本アプリ「 eBASEjr.Cloud 」若しくは「 eBASEjr. 」が必要となります。

これより下にて基本アプリとの組み合わせプランをご紹介します。

【 プラン1 】クラウドサービス「eBASEjr.Cloud」を基本アプリに「配合・表示作成機能」を低価格でご提供

おすすめプラン!この機会にクラウド化しましょう!

利用ユーザーのPCに直接インストールして使用する「無料ソフトウェアeBASEjr.」とは異なり、インストールせずにWebブラウザにて活用できるクラウドサービス「eBASEjr.Cloud」を基本アプリに使用し、食品表示法対応により業務効率を向上させた「配合・表示作成機能 / eB-foods(C) + eB-foods(E) 」を「eB-Pointservice」より低価格で活用できるサービスです。
ご利用価格は「eBASEjr.Cloud + eB-foods(C) + eB-foods(E) 」の組み合わせで「 15,000円(税別)/ 月額 」となっております。
お支払いは「eB-PointService」での決済となります。

基本アプリ「eBASEjr.Cloud」のご紹介

「 無料ソフトウェアeBASEjr. 」との違い

  eBASEjr. eBASEjr.Cloud
インストール・バージョンアップ作業 必要 不要
データ共有 × ○(※1)
データ出力 × ×
概要表示 × ○(※2)

(※1)同一ボリュームに追加の利用を申込まれる場合はサポートセンターにご連絡ください
(※2)リリース予定

動作環境

推奨ブラウザ 【Windows】Microsoft Internet Explorer 11 以上
※マイクロソフトのサポート終了をもって、動作保証範囲外となります。

「プラン1」の機能比較とご利用価格

  eBASEjr.Cloud
+
eB-foods(C)
eBASEjr.Cloud
+
eB-foods(C) + eB-foods(E)
基本情報の登録
配合
表示ラベル作成 ×
ご利用価格(月額・1ログインID) 10,000円(税別)/ 月額 15,000円(税別)/ 月額
今ならこちらの【 プラン1 】がご利用開始から60日間無償でご利用いただけます!!

※ 60日無償期間中は、「eBASEjr.Cloud + eB-foods(C) + eB-foods(E)」の組み合わせにてご使用いただき、
  無償期間終了後、継続利用の組み合わせを確認いたします。

ご利用方法

下記ボタンより「 eBASEjr.Cloud 」サイトにアクセスしていただき、右上にある「お申込みはこちら」よりお申込みいただけます。

【 プラン2 】無料ソフトウェア「eBASEjr.」を基本アプリに「配合・表示作成機能」を低価格でご提供

無料ソフトウェアeBASEjr.に対して、eB-Pointserviceという有料機能(配合・表示作成機能等)を利用回数(期間 / 月額)に応じてポイント精算いただくプリペイド方式サービスにて低価格で提供します。
ご利用価格は「eBASEjr. + eB-foods(C) + eB-foods(E) 」の組み合わせで「10,000円(税別)/ 月額~」となっております。
お支払いは「eB-PointService」での決済となります。

「 プラン2 」のご利用価格

eBASEjr. + eB-foods(C) + eB-foods(E) 10,000円(税別)/ 月額~

ご利用方法

下記ボタンより「 eB-PointService 」サイトにアクセスしていただき、「eBASEjr.」のユーザー登録時に取得した「ユーザーID」「パスワード」にて
ログイン後、「eB-Point」を購入していただきますと各サービスがご利用いただけます。

eB-PointService とは

eBASE の有料機能を利用回数(期間/月額)に応じてポイント精算いただくプリペイド方式サービスです。eB-PointService をご利用いただくことで、初期投資の必要がなく利用コストを抑えて有償機能をご利用いただくことが可能です。eB-PointService 対応機能は、eBASEjr. からのExcel 帳票出力機能やデータ出力機能、及び、データ点検機能(eB-check、eB-compare)などのオプション機能など豊富なバリエーションをご用意しています。

本件に関するお問い合わせ

eBASE株式会社
ホームページ:http://www.ebase.co.jp/