1. HOME
  2. ニュースリリース
  3. 2009年
  4. eBASE、FatWire:「Content Integration Platform」で連携

ニュースリリース

2009年11月09日

eBASE株式会社

eBASE、FatWire:「Content Integration Platform」で連携

FatWire株式会社( 本社:東京都中央区 代表取締役社長:田中猪夫)とeBASE株式会社( 大阪府大阪市北区 代表取締役社長:常包浩司)は、FatWireが提供するWeb CMS「FatWire Content Server」とeBASEの商品情報データベース「eBASE Server」をFatWireの「Content Integration Platform」で連携した。

eBASEは食品関連、日用雑貨関連、環境・グリーン調達関連などのサプライチェーンでのコンテンツ流通を最適化する商品情報データベースで、日本の食品関連企業をはじめとして約50,000ユーザの採用実績をもつ。

FatWireはWeb CMSとして全世界の大規模ユーザーに採用され、動的配信によるパーソナライズ、CRMなどとの連携などにより、Webエクスペリエンス管理の世界的リーディングプロバイダーである。

今回の「eBASE Server」と「FatWire Content Server」の連携により、eBASEに格納管理されたコンテンツをFatWire CMSでWebサイト、イントラサイトにパーソナライズし動的配信することが可能となる。eBASEに格納されているコンテンツとのワンソースマルチユースを実現することで、企業全体でのコンテンツ作成・運用の効率化を促進し、Webを利用したマーケティングに活用することが可能となる。

社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)セミナールームにてeBASEとFatWire CMSの具体的な連携デモ、その効果を含めたセミナーを開催予定。

※2009年12月18日(金) 14:00-16:30(受付開始:13:30より)
http://www.jagat.jp/content/view/1418/105/


FatWire Software 社について
http://cms.fatwire.com
FatWire Software 社は、WEMソリューションのリーディングプロバイダー。ユーザーに豊富なエクスペリエンスを提供し、顧客にウェブ・プレゼンスの簡単なマネジメントを提供します。FatWire社は NY,Mineolaに本拠を構え、世界の10カ国に事業所があり、500以上の顧客の方々にサービスを提供しています。


eBASE株式会社について
http://www.ebase.co.jp/
eBASE 株式会社は商品情報に関わるデータベースソリューションパッケージソフトであるeBASEjr.、eBASEstd.、 SmalleBASEserver、eBASEserver等の幅広いラインナップにより、生産者・原材料メーカー、加工メーカー、卸会社、小売会社の業態や規模にフィットしたソリューションを提供することが可能な商品情報交換データベース分野のエキスパート企業です。 eBASE の各種パッケージソフトウェアはシームレスに連携やアップグレードが可能です。商品情報に関わる様々な業務アプリケーションとの連携を高いコストパフォーマンスで実現します。eBASE 社は様々な業界(食品、住宅、文具、工具、家電、環境等)で培った商品情報交換ソリューションノウハウを「全体最適」の視線で継続します。


お問い合わせ先

・FatWire株式会社
http://cms.fatwire.com
jp-sales@fatwire.co.jp

・eBASE株式会社
http://www.ebase.co.jp/
info@ebase.co.jp

eBASEユーザー数

135,073ユーザー

eBASEserver
764
eBASEstandard
4,962
eB-ROM
2,911
eBASEjr.
126,436

【 2017年10月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
218
食品小売・外食業
86
食品卸
76
その他
6

【 2017年10月1日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら