1. HOME
  2. 製品紹介
  3. eBASEとは

eBASEとは

eBASEとは企業内での商品・コンテンツ情報の構築・一元管理・活用と
企業間の商品情報交換を支援する、データベースソフトウエアです。

マルチメディアコンテンツ管理機能

画像、文字、CAD、映像、Officeデータ等、あらゆるマルチメディアコンテンツを、タグ付きで登録・管理・出力が可能です。又、企業間でのデータ交換機能も有します。

フレキシブルなデータ構造と
ノンプログラミング開発環境

各種マスタ(商品、顧客等)のレコード構造(項目)は属するカテゴリー別に異なります。カテゴリーの種類と同じ数のデータベース構造定義が柔軟に設定可能です。
又、利用現場の多様なニーズにタイムリーに対応すべくフレキシブルに改変が可能です。これらを実現するノンプログラミング開発ツールも取り揃えています。

リッチなマスタ情報を様々な他システムと連携運用(MDM)

各種マスタデーターは、社内のプリント系アプリ利用や、印刷データ・Webコンテンツ連携、
または基幹系システムのマスターデータマネジメントとして利用可能です。

提案書・商談シート・POP・簡易チラシ

カタログ・パンフレットデータ連携、ECサイト・Webカタログ、CMS機能

各種マスター所管部門の運用支援を前提とした、基幹系システムマスターデータマネジメント

例えば、こんなことでお困りではありませんか?

以下の悩みを持たれた事のある方は、新たな拡販チャンスを逃しているかもしれません。

  • 取引先から、頻繁に商品情報のデジタルデータ提供を求められる
  • 取引先から提供された商品情報を、自社で扱っている形式に入力しなおす手間が発生している
  • 同じ商品の提案書を何度も作成したことがある
  • 膨大なコストが必要な為、商品情報データベースの構築をあきらめた
  • デジタルメディアがうまく利用できていない(利用タイミングが遅い・コスト高)

eBASEでこれらの商品情報運用の問題を解決!

「いかに構築・管理・運用のバランスのとれた商品情報データベースを作り上げるか」が鍵となります。

eBASEのマルチソリューションデータベースなら、ネットメディア、印刷系アプリケーション連動、他企業間情報交換から、大規模なネットワーク形成やナレッジマネージメントまで様々な環境、目的に合わせたフレキシブルな運用を低コストで実現可能です。
また、仕入先に無料ソフトウェア「eBASEjr.」を導入してもらうことで、データ管理・送信環境を整えてもらうことが可能です。仕入先がeBASEjr.で作った商品情報を、そのまま仕入れ元のeBASEstandardに流しこむことができるので、スムーズかつスピーディな情報の受け渡しが実現できます。

eBASEシリーズの活用による業界別商品情報交換の概念

eBASEは、業界単位で商品情報交換の効率化、全体最適化を目指し、
サプライヤーの商品情報提供負荷低減を前提とした、バイヤーの効率的商品情報収集環境を構築いたします。

サプライヤー企業の多くは、バイヤー企業指定の商品情報シートへ情報を記入して提供しています。 この商品情報提供フローがデジタル化されれば、バイヤー企業はもちろん、サプライヤー企業も 多大なるメリットを得ることができます。

eBASEは企業内での商品・コンテンツ情報の構築・一元管理・活用と、企業間の商品情報交換を支援するデータベースソフトウエアで、安価に早期のシステム構築と運用変更が可能です。また、eBASEを仕入れ元・仕入先に導入することで、商品情報のデファクトスタンダードとしての情報フォーマットを普及することができます。
サプライヤー/バイヤー企業間の商品情報交換プラットホームとして、食品業界・ギフト業界・日用品業界・工具業界・文具業界・住宅業界などで、広くご利用を頂いています。
登録・管理・編集等の機能の更なる強化の結果、PLM、顧客情報管理、ナレッジマネージメントなどにもご利用頂き始めており、目的に応じた自社オリジナル・コンテンツマネージメント環境を構築可能です。

eBASEユーザー数

134,414ユーザー

eBASEserver
764
eBASEstandard
4,962
eB-ROM
2,911
eBASEjr.
125,777

【 2017年9月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
217
食品小売・外食業
85
食品卸
76
その他
6

【 2017年7月1日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら