1. HOME
  2. 製品紹介
  3. 機能比較

機能比較

eBASEデータベースソフトウェアシリーズに搭載された主要な基本機能(※)を比較しています。 但し、各ソフトフェアの2013年12月時点での最新バージョンプログラムを比較しているため、旧バージョンには未搭載機能も含まれています。

※データ定期配信、スペックタイプ別アクセス制限の機能はオプションです。

○ = 搭載済み機能
△ = 次回以降のアップデート時に搭載予定
× = 搭載していない機能
▲ = オプションカスタマイズにより搭載可能

eBASEstandard eBASEserver
(サーバ版)
eBASEserver
(クライアント)
※1
eBASEweb eBASEjr.
※2
eB-ROM
自動アップデート ×
商品一括登録 (R/W)○
(R/O,DL)×
×
ダウンロード
データ一括取込
(R/W)○
(R/O,DL)×
データ編集 (R/W)○
(R/O,DL)×
×
カテゴリ編集 (R/W)○
(R/O,DL)×
×
簡易印刷 × ×
Excel出力
※6
PowerPoint出力 × ×
一括データ送信 ×
データバックアップ
※5

※5
データ定期配信
※3

※5

※5
× ×
データ定期受信
※5

※5
DB共有 ×
※5

※5
× ×
アクセス制御
(ボリューム)
× × ×
アクセス制御
(スペックタイプ)
× × ×
DB登録点数上限
(1ボリュームあたり)
5,000点 上限なし
※5

※5
5,000点 5,000点

※1 eBASEクライアントには、サーバマシンに置かれる本体データベースに対する権限によって3種類に分かれます。
( R / W )=読み書き可能、( R / O )=読み出し専用、( DL )=ダウンロード読み出し

※2 eBASEjr.はeBASEenterpriseパッケージにバンドルされるアプリケーションです。
単体での販売および配布は行っておりません。データ送信機能はeBASEjr.配布者への送信のみです。

※3 データ配信機能 ( eB-cast ) はeBASE/eBASEserver専用の有料オプションプログラムです。

※4 スペックタイプ別アクセス制限機能 ( eB-access ) はeBASE serverの
各クライアントアプリケーション専用有料オプションプログラムです。

※5 eBASEserver用の各種クライアントは、eBASEserverサーバ版マシンに
置かれる本体DBを閲覧するためのブラウザアプリケーションですので、これらの機能は有していません。

※6 プラグインのオプションにより、帳票出力機能の搭載が可能な場合があります。

eBASEユーザー数

129,866ユーザー

eBASEserver
753
eBASEstandard
4,956
eB-ROM
2,907
eBASEjr.
121,250

【 2017年3月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
209
食品小売・外食業
71
食品卸
76
その他
13

【 2017年1月5日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら