1. HOME
  2. 製品紹介
  3. リリース開発予定

リリース開発予定

開発中最新ソフトウェアのバージョンと、リリース予定時期をご紹介しています。

eBASE R-5.2.6 2017年3月リリース予定 ・“品番”の表記を「レコードID」に変更
・品名、価格、価格単位、コメントの除去
・一括登録の機能修正(ユーザー独自CSV取込対応)
・eBASEwebデータ送信履歴管理
eBASE R-5.2.5 2017年2月リリース予定 ・データ送信暗号化ロジック強化
・WindowsServer2016対応
eBASE R-5.2.4 2016年9月リリース ・一括登録処理遅延修正
・データ収集時の管理者通知メールにeBASEweb閲覧用URLを追加
eBASE R-5.2.3 2016年6月リリース ・メニュー変更
・論理削除仕様変更(スペック以外のリンクも残す)
・論理削除メンテナンス機能の改善
・eBASEwebデータ送信高速化
eB-SKU Ver 1.0 2017年1月リリース ・eB-SKU/SG対応の検索・閲覧機能
eB-foodsweb Ver4.4 2017年6月リリース ・「製造所」「加工所」の値が入力可能
・日本食品標準成分表の栄養成分情報を反映
・成分規格の各栄養素の値に、「Tr」、「(0)」、「(Tr)」、
 「(-)」が入力可能
eB-foods Ver4.4 2017年6月リリース ・「製造所」「加工所」の値が入力可能
・日本食品標準成分表の栄養成分情報を反映
・成分規格の各栄養素の値に、「Tr」、「(0)」、「(Tr)」、
 「(-)」が入力可能
eB-foodsweb Ver4.3 2016年10月リリース ・食品表示法 個別的義務表示対応
eB-foods Ver4.3 2016年10月リリース ・食品表示法 個別的義務表示対応
eB-foodsweb Ver4.2.3 2016年8月リリース ・日本食品標準成分表7訂対応
eB-foods Ver4.2.3 2016年8月リリース ・日本食品標準成分表7訂対応
eB-foodsweb Ver4.2.2 2016年3月リリース ・「栄養機能食品、機能性表示食品、指定医薬部外品」対応
eB-foods Ver4.2.2 2016年3月リリース ・「栄養機能食品、機能性表示食品、指定医薬部外品」対応
eB-foodsweb Ver4.2 2016年1月リリース ・食品表示法対応(添加物のアレルギー個別表示)
eB-foods Ver4.2 2016年1月リリース ・食品表示法対応(添加物のアレルギー個別表示)

eBASEユーザー数

132,248ユーザー

eBASEserver
760
eBASEstandard
4,958
eB-ROM
2,909
eBASEjr.
123,621

【 2017年6月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
213
食品小売・外食業
82
食品卸
76
その他
5

【 2017年4月14日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら