1. HOME
  2. ソリューション
  3. eBASEミドルウェア
  4. eBASEミドルウェアとは

eBASEミドルウェアとは

eBASEはこれまで食品や日雑、グリーン調達といったカスタマイズ商品DBを提供してきました。eBASEはカスタマイズの容易なデータベース構造と、さまざまなファイルを扱えるマルチメディアコンテンツ管理機能を備えています。この柔軟性を持ったデータベース構造を開発フレームワークとして、コンテンツマネジメントシステムに発展させたのが、eBASEミドルウェアです。

マルチメディアコンテンツの管理

画像、CAD、映像、Officeデータ等、あらゆるマルチメディアコンテンツを登録・管理・出力が可能です。

マルチメディアコンテンツの登録・管理・出力が可能。印刷物やWEBカタログなど、多用途への展開が可能です。

柔軟なカスタマイズ

ノンプログラミングでDB構造の構築・追加・編集が可能です。
初期のシステム構築負荷軽減、納期短縮が実現できるだけでなく、運用開始後のDB構造変更負荷も大幅に軽減できます。

【XML型データ構造】ノンプログラミングでDB構造の変更が可能。

柔軟性と高速性を特徴とするデータベース構成

eBASEミドルウェアのデータベースは、データの追加・削除が柔軟に行える「eB-XDB」と、高速な処理を実現する「eB-RDB」から構成されています。

XDB構造とは

XDB構造はXMLやKVS(Key Value Store)に類似したeBASEの標準データベース構造です。

eB-XDB

eB-XDBは、eBASEの標準的なデータベース構造です。
一つのレコードに項目名・値が割り当てられており、項目の追加・削除・変更といった処理が柔軟に行えます。

データ構造とアプリケーションが独立。データ構造変更は、レコード追加と同じ!

eB-RDB

eB-XDBで設計されたデータベースをeB-RDBに変換することで、項目が固定化されます。
この処理によって、データを高速に処理することが可能となります。

eB-XDB から eB-RDB に移行し、処理高速化! DB物理構造は eB-RDB 固定テーブル型なので、ツールは標準化!

eBASEユーザー数

133,789ユーザー

eBASEserver
762
eBASEstandard
4,962
eB-ROM
2,909
eBASEjr.
125,156

【 2017年8月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
217
食品小売・外食業
85
食品卸
76
その他
6

【 2017年7月1日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら