1. HOME
  2. ソリューション
  3. eBASEミドルウェア
  4. 採用される理由

採用される理由

eBASEミドルウェアを開発プラットフォームとして採用される根拠をご説明します。

コストダウンからの競争力アップ

開発環境にeBASEミドルウェアを採用することで、カスタマイズ費の大幅な削減が見込めます。
データベースシステム開発におけるカスタマイズ部分の多くは、eBASEが基本機能部分として持っているため、その部分のカスタマイズ開発を大幅に簡略化できます。
簡略化した分の費用に利益分を上乗せしても大幅なコストダウンが可能。
システム開発費における競争力の強化が見込めます。

スクラッチ型の開発にくらべ、eBASEを用いた場合、基本機能の一部分をeBASEが担うため、カスタマイズ開発に掛かるコストが大幅に削減できます。

開発負荷の軽減

スクラッチ型の開発に比べ、eBASEを用いた開発では、負荷・期間を大幅に軽減できます。
eBASEの基本機能として組み込まれている部分についてカスタマイズが容易なので、従来型よりも短期間でシステムのリリースに入ることができます。

eBASEを開発フレームワークとして用いれば、開発部分の負荷・期間削減が期待でき、納期の短縮につながります。

eBASEユーザー数

132,248ユーザー

eBASEserver
760
eBASEstandard
4,958
eB-ROM
2,909
eBASEjr.
123,621

【 2017年6月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
213
食品小売・外食業
82
食品卸
76
その他
5

【 2017年4月14日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら