1. HOME
  2. 製品紹介
  3. 製品一覧
  4. eBASE基本ソフトウェア
  5. eBASEstandard
  6. 製品概要

DB構築ソフトウェア「eBASEstandard」

Windows上で、手軽に自社オリジナルのデータベースを作成、運用できます。
あらゆるフォーマットのデジタルデータを登録・管理できます。
画像の整理・顧客情報管理だけでなく、商品提案書の作成やWebカタログの作成など、様々な用途で活用いただけます。

マルチパーパス( 多目的 )コンテンツマネージメントソフトウェア

eBASEstandardのフレキシブルなデータベース構造は、業界や用途にとらわれずに利用可能です。
自社製品管理から顧客管理、ナレッジマネージメントに至るまで、幅広い業務をサポート。
すべてのお客様にとっての導入メリットを生み出します。

マルチリソース…さまざまな商品情報の一元管理・表示

eBASEには、文字・数値などの定形情報だけでなく、Excelファイルや写真・動画ファイルなどが添付可能。
マルチメディアなDBを構築できます。
商品情報にパッケージ写真や仕様書などを添付しておけるので、複数のファイルを関連情報として一箇所に集約できます。

マルチスペック…異なるデータベース構造の共存が可能

異なった内容の登録項目(スペック)を持たせることが可能です。
取引先や商品種別ごとに提供情報が異なる場合にも、同じデータベースボリューム上で商品情報を登録、商品検索の効率を上げるが可能です。

マルチボリューム…用途別のデータベース作成

登録データの用途により、個別にデータベースボリュームを作成可能です。
食品関連商品の登録用ボリューム、日雑関連商品の登録用ボリューム、事務関連の情報記録用などのようにデータベースボリュームを作成し、それぞれのボリュームごとに登録情報を使い分けることが可能です。

eBASEstandard登録データの構造

eBASEstandardは、登録された商品ごとに、カテゴリデータ、項目別テキストデータ、素材データを保持しています。
カテゴリのツリーデータは登録商品の分類に使用します。複数カテゴリの指定が可能なので、「男性向け+単身者向け+液晶テレビ」といったように、複数のカテゴリを一つの商品に割り当てることが可能です。
項目別テキストデータは、各商品に紐付く固有の情報(価格やサイズ、JANコードなど)を登録します。マルチスペック対応により、複数フォーマットのテキスト情報をひとつの商品にひもづけることが可能です。

eBASEシリーズ製品のご購入をご希望のお客様は、
右記のお申込みフォームからご記入・送信をお願い致します。
お申し込み受付後、eBASEサポートセンターよりご連絡を差し上げます。

  • Windows、PowerPointおよびExcelは、米国Microsoft社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • PentiumおよびCeleronは、米国Intel社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • MediaPress及びMediaScriptは凸版印刷株式会社の登録商標です。
  • その他掲載されている会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
  • eBASEはeBASE株式会社の登録商標です。
  • 本製品は改良のため予告なく仕様を変更することがあります。

eBASEユーザー数

132,248ユーザー

eBASEserver
760
eBASEstandard
4,958
eB-ROM
2,909
eBASEjr.
123,621

【 2017年6月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
213
食品小売・外食業
82
食品卸
76
その他
5

【 2017年4月14日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら