1. HOME
  2. 製品紹介
  3. 製品一覧
  4. 業界専用ソフトウェア
  5. GREEN eBASE
  6. 製品概要

化学物質情報、製品環境情報管理データベースシステム

化学物質情報・製品環境情報管理データベースシステム

サプライチェーン全体最適による製品含有化学物質情報の管理と円満な開示にむけて

『商品の安心・安全』を求める消費者の強い要望に応えるには、全ての企業は自社が生み出す「モノ」に関して、人体や環境への影響に対して真摯に取り組む必要があります。

RoHSやREACH、ELV指令、J-Mossその他の環境規制へ取り組むために

2002年のヨハネスブルグ環境サミットでは、「2020年までに化学物質の製造・使用がヒトの健康と環境にもたらす著しい悪影響を最小化すること」が合意されました。EU(欧州連合)が2006年7月1日に施行した電気電子機器への特定有害物質の含有を禁止した「RoHS指令」や自動車業界向けの「ELV指令」、日本「J-Moss」、中国、韓国、米国等でも世界規模で「環境商品対策」への取組みが進んでいます。
2008年には約3万種の化学物質を登録・評価・認可する「REACH規制」がEUではじまります。これら「製品含有化学物質情報の管理」を実現するには、化学メーカー等の「川上企業」から部品・材料メーカーの「川中企業」、そして組立て製品メーカーの「川下企業」まで一貫した情報管理を行う必要があります。
「 GREEN eBASE 」はそれらの企業が各々の立場で「商品・製品の環境情報」を収集、管理、提供できるサプライチェーン共通のプラットフォームを実現する為に開発された化学物質情報・製品環境情報管理データベースシステムです。

GREENeBASEの導入事例はこちら

eBASEシリーズ製品のご購入をご希望のお客様は、
右記のお申込みフォームからご記入・送信をお願い致します。
お申し込み受付後、eBASEサポートセンターよりご連絡を差し上げます。

  • Windows、PowerPointおよびExcelは、米国Microsoft社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • PentiumおよびCeleronは、米国Intel社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • MediaPress及びMediaScriptは凸版印刷株式会社の登録商標です。
  • その他掲載されている会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
  • eBASEはeBASE株式会社の登録商標です。
  • 本製品は改良のため予告なく仕様を変更することがあります。

eBASEユーザー数

135,073ユーザー

eBASEserver
764
eBASEstandard
4,962
eB-ROM
2,911
eBASEjr.
126,436

【 2017年10月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
218
食品小売・外食業
86
食品卸
76
その他
6

【 2017年10月1日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら