1. HOME
  2. 製品紹介
  3. 製品一覧
  4. その他ソフトウェア
  5. eBASE enterprise
  6. 製品概要

流通商品情報収集DBシステム eBASE enterprise

仕入先商品情報データベース連動機能付 商品情報データベースシステム

商品情報交換サービスが確立されていない業界の流通企業様へ、仕入先からの商品情報提供の仕組みを備えた情報データベースシステム“eBASE enterprise”をご提案いたします。

eBASE enterpriseとは、複数台のeBASEserverとそのオプションソフトで構成された、メーカー企業から流通企業への商品情報交換を目的に設計されたシステムの総称です。

  ≪ eBASEserver ≫ は、POP制作、商品台帳製作、店舗への情報配信等の流通企業における商品情報データベースに求められる機能を標準装備しています。

また、Webブラウザで操作できるインターフェイスやWebカタログ構築などといった様々なオプション機能をご用意しておりますので、それらを利用したデータ運用で大きな効果を発揮する事が可能です。

  一方、仕入先企業様では、配布されたeBASEjr.を ≪ eBASEstandard ≫ にアップグレードすることで他の流通企業への商品情報提供機能、提案書作成機能、Webカタログ作成機能等のご利用が可能になります。

仕入先様の初期システム導入負荷は低く( eBASEjr.無料配布 )、しかも業務効率向上への拡張性を持ったeBASEに限りなく近い操作環境を実際に体験できるので、双方にとって本システムの導入メリットは大きなものとなります。

  既に商品情報データベースを構築されている企業様では、そのデータベースシステムから取り出したデータをeBASEjr.へ一括で取り込む事も可能です。

配布元流通企業様へ商品情報を送信する為のコンバーターの役割も果たしますので、仕入先様に二重データベース登録の負荷を掛ける事はございません。又、新たにeBASEjr.データを作成する際に、配布元流通企業様の仕様に合わせて文字や画像を入力する為の専用プラグイン開発オプションもご用意致しております。

  • Windows、PowerPointおよびExcelは、米国Microsoft社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • PentiumおよびCeleronは、米国Intel社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • MediaPress及びMediaScriptは凸版印刷株式会社の登録商標です。
  • その他掲載されている会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
  • eBASEはeBASE株式会社の登録商標です。
  • 本製品は改良のため予告なく仕様を変更することがあります。

eBASEユーザー数

133,789ユーザー

eBASEserver
762
eBASEstandard
4,962
eB-ROM
2,909
eBASEjr.
125,156

【 2017年8月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
217
食品小売・外食業
85
食品卸
76
その他
6

【 2017年7月1日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせはこちら

インターネットからのお問い合わせはこちら