1. HOME
  2. サポート
  3. ユーザー様へのお知らせ
  4. eB-foods利用可能バージョンについて

eB-foods利用可能バージョンについて

eB-foods の利用者間におけるデータ交換では、eB-foods のバージョンが異なっていても適切なデータ交換が行える“データ交換機能 (互換機能)” を提供しております。
しかし、「 食の安心・安全 」の業界ニーズに伴う機能アップにより、その互換機能だけでは、業界が求める情報収集ニーズを満たすことができなくなってまいりました。
そこで、業界全体の効率的かつ安定したデータ交換環境を推進するため、eB-foodsの利用可能なバージョンを定めることといたしました。

利用可能な eB-foods のバージョン

eB-foods は、3世代前のバージョンまでを利用可能とさせていただいております。

データの送受信機能は、3世代前までのバージョンでのみ利用可能です。
4世代以上前の eB-foods をご利用の場合、データ送信機能はご利用になれません。
もしデータ送信機能が使えない場合は、バージョンアップを実施の上ご利用をお願いします。

また、利用可能外の eB-foods をご利用中のユーザー様よりサポートセンターへお問い合わせいただいた場合、対応前に eB-foods のバージョンアップをお願いする場合がございます。
古いバージョンに関するお問い合わせについては、お答えできかねますのでご了承ください。

なお、eB-foods における 「世代」 は、メジャーバージョンまたはマイナーバージョンが更新された場合を指します。
バグ・セキュリティ修正などによりリリースされたバージョン (リビジョン番号の更新) については、世代交代の対象とはなりません。
詳しくは、以下の図をご参照ください。

※ 3世代以上前のバージョンであっても、リリースから 2年が経過していない場合は、利用可能バージョンとして扱います。

3世代前のイメージ

サポート対象外のeB-foodsを使用すると……。

送信先(バイヤー)の eB-foods が古い場合

サプライヤーのバイヤーに伝えたい重要な情報が欠落する可能性があります。

送信元(サプライヤー)の eB-foods が古い場合

バイヤーの求める情報が集まらない可能性があります。

古いバージョンをご利用中のお客様は、お手数ではございますが、最新版の eB-foods へのバージョンアップを実施いただけますようお願いいたします。

なお、古いバージョンの eB-foods をご利用になられたことによるトラブル・お問い合わせにはご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。

サポートセンターへの連絡方法

電話からのお問い合わせ

06-6486-3915

受付時間: 午前・ 9:30~12:00
午後・13:00~17:30
※土曜日・日祝日を除く

FAXからのお問い合わせ

06-6486-3956

FAX用お問い合せシート

Webからのお問い合わせ

PDFファイルを表示するには、アドビシステムズ社が無料配布しているAdobe Readerが必要です。
PDFファイルを表示できない場合は、左のボタンをクリックし、リンク先からAdobe Readerをインストールして下さい。

  • eBASEコラムサイト

eBASEユーザー数

154,042ユーザー

eBASEserver
826
eBASEstandard
4,970
eB-ROM
2,935
eBASEjr.
145,311

【 2019年10月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
236
食品小売・外食業
106
食品卸
80
その他
6

【 2019年10月4日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • 操作説明マニュアル
このページの先頭へ

電話からのお問い合わせ

電話からのお問い合わせ

インターネットからのお問い合わせ

  • 製品やサービス、操作方法やサポート、IR情報、見積もり、リモートデモに関する各種お問い合わせ・お申込みはこちら

eBASE FAQ(よくある質問)& 操作マニュアル

  • よくあるご質問(FAQ)・操作マニュアルはこちら