1. HOME
  2. 製品紹介
  3. 製品一覧
  4. eBASE基本ソフトウェア
  5. eBASEjr.Drive
  6. 運用事例

eBASEjr.で作成したデータを低価格で社内共有

運用事例:調味料メーカー K社様

「eBASEjr.」「eBASEsrandard」 を用いた、仕様書管理業務 効率化

① 低価格サービス(eB-PointService)で、eBASEjr.Driveを利用
② コストをかけずに、eBASE形式のデータを利用し、原材料規格書を収集・データベース化

1:「eBASEjr.Drive」 を利用し、既存のPC環境にて
  原材料規格書データ、製品規格書データの社内共有を実現

2:「eB-foods汎用エクセル帳票」or「eBASE交換ファイル(eB-Xfile)」を用いて
  原材料規格書データ収集。コストをかけずに、原材料データベースを構築

  • Windows、PowerPointおよびExcelは、米国Microsoft社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • PentiumおよびCeleronは、米国Intel社の米国および、その他の国における登録商標です。
  • その他掲載されている会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
  • eBASEはeBASE株式会社の登録商標です。
  • 本製品は改良のため予告なく仕様を変更することがあります。

eBASEユーザー数

185,982ユーザー

eBASEserver
904
eBASEstandard
4,980
eB-ROM
2,963
eBASEjr.
177,135

【 2022年7月1日現在 】

FOODSeBASE
サーバーユーザー数

食品メーカー
257
食品小売・外食業
114
食品卸
82
その他
6

【 2022年7月1日現在 】

  • ユーザー登録
  • ダウンロード
  • 各種パンフレット
  • eBASE FAQ
  • eBASE 操作マニュアル
このページの先頭へ

eBASE FAQ ~よくある質問~

→ eBASE FAQ ~よくある質問~はこちら

eBASE 操作マニュアル

→ eBASE 操作マニュアルはこちら